リウマチ科診療内容整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・外科|窪田整形外科リウマチクリニック|愛知県豊田市

痛みと不安を諦めない。最新の薬(生物学的製剤等)でリウマチの治療をいたします。整形外科・リウマチ症疾患など、安心の診療・治療をご提供しております。

リウマチ科

リウマチ科

リウマチ科では、その名の通り関節リウマチを中心とした診断・治療を行っていきます。

関節リウマチの炎症を抑える薬物療法を行います。また、関節の痛みが強い場合には、関節注射も行います。

関節リウマチは、症状が軽いうちならばその進行を抑える薬なども効きやすく、関節の変形などを回避することができます。早期発見・早期治療がポイントとなる病気ですので、「あれ?」と思ったらすぐに受診するようにしましょう。

関節リウマチとは?

関節リウマチは、関節の滑膜に炎症が起こり、腫れや痛みがでる病気です。

進行すると、関節痛だけではなく、関節の変形や関節強直などが生じ、日常生活動作に支障をきたしてしまいます。

リウマチに対するアプローチ

当院のリウマチ診断方法

初期のリウマチは診断が難しいため、1回の検査だけではなく、経過を観察しながら何度か検査を行うこともあります。理学所見、検査結果および問診などからほかの病気と識別し診断をします。

早期リウマチ診断基準(日本リウマチ学会基準)

この6つの内、3つに当てはまる場合を早期リウマチと診断します。

  • 全身の3つ以上の関節で、指で押さえたり動かしたりすると痛む
  • 全身の2つ以上の関節に、炎症による腫れがある
  • 朝起きたときに、関節がこわばっている
  • 皮下結節(リウマトイド結節)がひじやひざなどにみられる
  • 血液検査で赤沈の異常値が出ることや、CRPが陽性であること
  • 血液検査でリウマトイド因子が陽性である

日本リウマチ学会による早期慢性関節リウマチの診断基準

以前は関節リウマチは徐々に進行し、15~20年以上経過すると関節の変形が出現してくるとされていましたが、最近の研究によると発症してから2~3年の間に最も骨・関節の破壊が進行すると考えられています。

早期診断・早期治療がより大切になってきており、手のMRIと血清抗CCP抗体を用いた超早期関節リウマチの診断基準も考案されています。

早期リウマチ診断基準(厚生労働省 江口班 2006年)
  • 抗CCP抗体、リウマトイド因子陽性
  • MRI画像による対称性手・手指関節炎・滑膜炎
  • MRI画像による骨びらん、骨髄浮腫

以上3項目中、2項目以上に当てはまると、超早期関節リウマチと診断されます。

抗CCP抗体は当院で行うことができますし、MRIについても他院と連携して円滑にMRI検査をお願いしています。

当院のリウマチ治療方法

リウマチと診断された後も、人それぞれたどる経過が異なります。
そのため、様子を見ながら、薬や治療法を変えていきます。1回で効果が出る方もいらっしゃいますし、お薬が効きにくい方もいらっしゃいます。一緒に相談をしながら、最適な治療法を探っていきましょう。

リウマチ治療の3本柱
  • 薬物療法(内科的療法)
    関節の炎症を薬で抑えていきます。最近は研究が進み、様々な良い薬が出てきています。
  • リハビリテーション療法
    患部を温めたり動かすようにして、こわばりや痛みを軽減します。
  • 手術療法(外科的療法)
    痛みや症状の度合いによって検討します。手術が必要な場合には専門病院にご紹介いたします。

参考サイト

http://www.riumachi21.info/index.html http://www.enbrel.jp/ra.html http://www.astellas.com/jp/health/healthcare/ra/ https://rheuma.jp/index.html

↑「リウマチ科」ページの一番上へ

診療概要

住所
〒473-0911
愛知県豊田市本町高根12
電話番号
0565-52-1631
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 5:00~7:00
診療カレンダー
診療時間
午前 ×
午後 × × ×

祝祭日:休診

地図

地図・アクセスはこちら


整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・手の外科・外科

窪田整形外科リウマチクリニック
電話番号:0565-52-1631
〒473-0911
住所:愛知県豊田市本町高根12

愛知県豊田市の窪田整形外科リウマチクリニックには
豊田市・三好町・知立市・刈谷市・日進市・名古屋市
などの方からご来院いただいております。